Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

黒住ができる原因と正しいケア方法とは

ワキやデリケートゾーンなどの除毛・脱毛を行うと、黒ずみが気になりだすことがあります。女性を中心に旅行や海に出かけるとき、また肌が露出しやすいファッションを身に着けるときななど、黒ずみに悩んでいる人が多いようです。

そこで黒ずみケアクリームが各企業から発売されるようになりました。黒ずみケアクリームは種類が多く、選ぶのが難しいため、その選び方について考えていきます。

まず、黒ずみの原因について確認します。黒ずみは、肌の表面の角質にメラニン色素が沈着したものです。肌に刺激やダメージが加えられると、肌は防御反応としてメラニン色素の分泌を増やしたり、角質を厚くしたりします。

脱毛のレーザー、除毛のカミソリなどは肌への強い刺激となり黒ずみの原因になります。黒ずみはワキやデリケートゾーンだけでなく、ヒジやヒザ・鼻やお尻にも現れることがあります。

衣類やショーツの締め付けや摩擦、スクラブやピーリングの使用、せっけんやボディソープでの洗いすぎなどが肌への刺激になっています。

それでは、黒ずみケアクリームに必要な成分とはどんなものになるでしょうか。

黒ずみの原因となる、メラニン色素が沈着した角質を落とす必要があります。プラセンタやトコフェロール酢酸エステルといった成分は、肌の新陳代謝を促進し、ターンオーバーにより黒ずみを落とします。

また尿素などの成分は、黒ずんだ古い角質を除去してなめらかにする作用が期待できます。

新たな黒ずみを作らないためには、肌を刺激から守る必要があります。

これには、抗炎症作用がある成分や保湿作用のある成分が使われているようです。グリチルリチン酸2Kやトラネキサム酸、グリチルリチン酸モノアンモニウムといった成分は抗炎症作用により、メラニンや角質の形成を抑えてくれるでしょう。

また、ヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンは保湿成分として知られていますが、感想で弱くなった肌を刺激から守ることで、黒ずみの原因を減らすことになります。

黒ずみケアクリームを選ぶ際には、こういった成分が含まれているかどうか確認することが重要となるでしょう。

他にも、香料・着色料・アルコールといった添加物が入っていないことも大切です。これらは、肌への刺激となり黒ずみを悪化させる可能性も考えられます。オーガニックやナチュラルへのこだわりがある黒ずみケアクリームが、安心かもしれません。

ここまで確認すれば、あとは価格やパッケージなどの好みによって、自分に合った黒ずみケアクリームを購入することになるでしょう。

おすすめアイテム:イビサクリームなら黒ずみが解消する!?