スマホでどっと疲れてしまった場合、どうしたら早く回復する?

足の裏には、体と繋がっている反射区というものがあります。

足の裏と体の部位が繋がっているので、そこをマッサージしてあげると調子が良くなる、という話は、知っている人も多いと思います。

でも、具体的に、どこがどこと繋がっているのかまではよく知らない、という人が多いのではないでしょうか。

ここで詳しく書いても覚え切れないですよね。

なので、ざっくばらんに説明します。

足の裏を見てください。

つま先から、かかとまでありますよね。

これを人間の体の位置関係と同じ風に考えてください。

左右はそのまま、右足が右半身、左足が左半身です。

つま先が頭です。

かかとは、下半身というか、脚より上の部分までです。

お尻辺りが、かかとの位置になります。

痔で悩んでいる方もいらっしゃると思います。

かかとをマッサージしてみてください。

痔の程度にもよりますし、治るという訳ではありませんが、症状を緩和することができます。

スマートフォンやパソコンは、今や現代人に欠かせないツールとなりましたが、首のこりや肩こり、目の疲れに悩んでいる方も多いと思います。

そんな時は、左右の足の指をマッサージしてください。

それぞれ指をどんな風に揉めばいいか、細かく書いても難しく感じてしまうと思いますので、簡単に書きますと、手でつまむようにしてみるといいです。

指の付け根も揉んでみてください。

どこかしら痛いと感じる場所があるはずです。

親指は頭部。親指の付け根は首と繋がっています。

他の指も目、鼻、耳など、頭の部分と繋がっています。

痛い場所があるということは、そこの調子が悪いということです。

ただ、頭部といっても、痛いから脳がおかしいんだ、と早とちりしないでください。

反射区の痛みは病気を発見する方法ではありませんので。

花粉症など鼻の調子が悪い人も増えているので、足の指をマッサージすると、一緒に楽になり、一石二鳥です。

しばらく揉みほぐすと、痛みが治まってくるかと思います。

治まったら、首や肩のこり、目の疲れが治まっていると思います。

その場しのぎといえば、その場しのぎではあります。

同じことを繰り返せば、また、痛みは戻りますからね。

でも、スマートフォンやパソコンで疲れを感じた時に、すぐに楽になる方法を知っているのと知らないのとでは、大違いだと思います。

IT機器を使わないようにすればいいことですが、そうも言ってられない時代ですからね。

足裏の反射区をマッサージして、スマートフォンやパソコンの疲れを楽にして、IT機器と付き合っていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする